グリーンクリエイティブいなべ

2015.09.25 掲載

玄関口

投稿者:柴田 望 (金属造形作家)

こんばんは!金属造形作家の柴田望です。

先週は、展示会のため山梨の八ヶ岳に出張していました。

ご存知の通り、あの辺りは自然も豊かで観光施設も整備されていて、別荘やペンションも多く人気の観光地です。行くたびに、八ヶ岳よいとこだよな〜っと思います。

そんな出張から、三重県いなべ市の我が家へ帰るのは、いつもたいてい日が沈んで暗くなったころ。

名古屋側から木曽川をまたいで、多度大社のある三重県桑名市多度町を通り、いなべ市に帰ってきます。

この道路には大きな鳥居がかかっていて、鳥居のある坂道より東側(愛知側)は、平地とその向こうに名古屋のビルが見え、いなべのある西側(三重側)は、森がはじまります。

 

この鳥居をくぐるたび、いつもなにかに『いってきます』『ただいま』を言っている気分になります。

八ヶ岳とか日本にはたくさんすてきな場所もあるけれど、多度大社や伊勢神宮のある三重は、きっとなにかに守られている、、そんな感じがする場所です。

名古屋の街のすぐとなりで、静かに確かに守られてきた森や暮らし、、、この鳥居がその玄関口で、そこをぬけると、いなべ市がある。

愛知生まれの僕には、この感じが神聖に感じちゃったりして、不思議な安心感も感じます。

 

『いってらっしゃい』『おかえりなさい』

そんな声も聴こえてきそうな、そんな土地。

柴田 望 (金属造形作家)さんの最新記事

2015.09.25
玄関口
2015.08.11
はじめまして!

柴田 望 (金属造形作家)さんのページへ

Related News [アート・クラフト関連]

バックナンバー

Inabeな人々 [アート・クラフト関連の人々]