グリーンクリエイティブいなべ

[農と食] 2016.10.21 掲載

上木食堂にて「僕たちの いなべ生業ストーリー&これから」ワークショップ開催します

投稿者:
グリーンクリエイティブいなべ事務局

待ちに待った、いなべ市阿下喜の「上木食堂」が11月5日にオープンします!

「上木食堂」~近くのものを食べる喜びと楽しい時間。いなべの仲間の食材と三重のものを使った食堂~

是非、皆さんのお気に入りの場所にしてください~

そんな上木食堂にて、いなべで何か始めたら~、こんなコトができたらいいな~、みんなのアイデアを聞いてみよう~、

そんな想いが少しでも芽生えたら、そして、そんなきっかけづくりの場所になれたら、と

「僕たちの いなべ生業ストーリー&これから」ワークショップを開催します! もちろん、上木食堂の美味しいお食事&ドリンク付きです~

個性あふれる笑顔のストーリーを聞いて、元気になる、そして楽しく美味しいワークショップです。

是非、ご参加ください。ワークショップのお申込み、お問い合わせは 070-5039-3542 田島まで、お気軽に

「僕たちの いなべ生業ストーリー&これから」ワークショップ

*日時 11月23日(祝)18:00~

*場所 「上木(あげき)食堂」 いなべ市北勢町阿下喜2057  tel 0594-82-6058

 

*お話しする人 

 

*寺園夫妻     八風農園 自然栽培農家

有機農家を志し、名古屋から三重県いなべ市に移住、2013年より「八風農園」を開く。自然系農法を用いた5ヘクタールの畑で、旬の野菜を年間70種類ほど栽培し、ドイツパン店(フライベッカーサヤ)を営む奥さんのために小麦とライ麦も栽培する。醤油作りやビール、日本酒も原料から栽培してつくることに挑戦し、三重県いなべ市から新しい農の風を吹かせようとしている。自慢の野菜は宅配のほか、名古屋の飲食店等にも販売、また名古屋などの朝市ではお客様に直接美味しい野菜の食べ方を伝えながら販売している。夢はみんなの食卓をそろえること。

 

*松本耕太     上木食堂店長

アパレルから飲食の世界へ。
老舗のカフェやスペインバル、シトロエンのバスを使った移動式の弁当販売など様々な形態の飲食を経験。
その中で八風農園の寺園くんに出会い、いなべ市に移住。上木食堂を共に手がける。


 *三浦みどり 暮らしのシューレ オーナー

いなべの旧市街地 阿下喜の古い趣のある街並みが続く西町通りに昨年6月にオープンした「暮らしのシューレ」は日々の暮らしを彩る美味しいもの、美しいもの、楽しいものが小さな店内にいっぱい。様々なワークショップやイベントも盛りだくさん。いなべ市内はもちろん、桑名、四日市、また名古屋等々より、お目当てのアイテムやワークショップの参加で、店内はお客様の笑顔で溢れています。三浦さんは、いなべの阿下喜に新しく優しい風をおこしています。

 

*料金1,000円 上木食堂の美味しいお食事&ドリンクをお召し上がり頂けます

*お申込み&お問い合わせ  ワークショップ担当 070-5039-3542 田島まで(出ない時は、必ず折り返しご連絡致します。お問い合わせはお気軽に)

 

Related News [農と食関連]

バックナンバー

Inabeな人々 [農と食関連の人々]

バックナンバー