グリーンクリエイティブいなべ

[その他] [アート・クラフト] 2018.06.27 掲載

Time letter「手紙を書こう、みらいのあなたへ」

投稿者:
グリーンクリエイティブいなべ事務局

1年後の自分自身へ、3年後のパートナーへ、10年後の子どもさんへ。

未来の誰かに、手紙を書いてみませんか?

「タイムレター」とは、1年から10年の期間を設定して、それぞれの「今」の想いやメッセージを、「未来の誰かに」届けることができる手紙です。

タイムレターは、全国数カ所で書くことができるのですが、ここ いなべ市 でも書くことが可能です。

*IMGP0035.jpg

このプロジェクトの発起人は、ノスタルジックな雰囲気に包まれた北勢町阿下喜にある商店街の一角で、ガス屋さんを営まれる、中川商店の中川真人さん。

いなべ市内を中心に、日々ガスを供給しています。

タイムレターをはじめようと思ったきっかけは、同地域で飲食店や農業を営む仲間や、まちおこしに積極的な若者たちの活動に背中を押されこと。

「地域で何か自分自身も面白いことができれば」と、中川さんは話します。

timeletter3

                奥さまの史織さんと、長女の美緒ちゃん

timeletter4

今回、タイムレターの封筒、便箋のイラストを手掛けたのは、東京都在住のイラストレーター 佐々木淳さん。

「誰かに届ける」というキーワードから、渡り鳥を連想し、いなべ市で今時期見頃の「紫陽花」の花をモチーフに、描かれています。

桑名市の雑貨屋さんで偶然目にした佐々木淳さんの絵に、一目惚れしたという中川さん。

佐々木さんにオファーを掛け、何度も打合せを重ねて、今回の封筒と便箋を制作されました。

timeletter5

封筒は5色から好きなものを選ぶことができます。

届ける相手のことを思い浮かべながら選ぶのもまた、楽しいですね。

こちらのタイムレターは、現在北勢町阿下喜にある「桐林館阿下喜美術室」で書くことができます。

カフェスペースも併設しています。

美味しい珈琲を飲みながら、ゆっくりと時間を掛けて、未来の誰かに想いを込めた手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

timeletter6

桐林館阿下喜美術室でタイムレターを書いていただいた方は、桐林館阿下喜美術室オリジナルの封蝋(ふうろう)を押してもらうことができます。

timeletter7

timeletter8

◆ タイムレター詳細
・保管料、郵送料、封筒、便箋2枚で ¥1,500-(税込)

 ※2通目以降は、¥1,000-(税込)

・保管年数は、1年から10年までの間で年数の設定が可能


◆ タイムレターを書くことが出来る場所のご案内(2018年6月現在)

 桐林館阿下喜美術室 

 住所:三重県いなべ市北勢町阿下喜1980

 営業時間:11:00~18:00(月・火 休み)

 お問合せ:0594-72-6096

 ※桐林館でタイムレター購入後、持ち帰りご自宅で書くことも出来ます。書いた手紙はお手数ですが、再度桐林館までお持ちください。

《 桐林館阿下喜美術室 》
平成26年10月7日に国登録有形文化財として登録された、旧阿下喜小学校。

「桐林館(とうりんかん)」をアート&カフェで活用し、「桐林館阿下喜美術室」として2017年7月7日より作品の展示と、カフェを常時一般開放しています。

桐林館から車で直ぐにある、「万葉の里公園」では今時期、色とりどりの美しい紫陽花が約5,000本咲き誇っています。

合わせて、2018年7月から、青川峡キャンピングパーク でもサービスを開始します。


〈撮影〉

いなべ市役所 企画部 政策課

Related News [アート・クラフト関連]

バックナンバー

Inabeな人々 [アート・クラフト関連の人々]

バックナンバー