グリーンクリエイティブいなべ

[アート・クラフト] 2018.07.27 掲載

いなべ市在住の職人が集います!

投稿者:
グリーンクリエイティブいなべ事務局

ここいなべ市でも、巧みな技術を持つたくさんの職人さんが、様々な分野で活躍しています。

手でつくり上げられたものは、やはりあたたかみがあり、暮らしの中に優しく溶け込みます。

今回、いなべ市在住の木工職人2名の美しい組子細工をはじめとする工芸品や、

美術家による、員弁川と青川の砂を使用したオリジナル陶器、そして絵画の展示を行います。

7月29日(日)の最終日には、木工職人 木村 修さんによる、木工教室も開催予定です。

ぜひ!この機会に、いなべ市で生まれた作品の数々を見にお越しください。


《 う つ わ と 木 工 芸 品 展 》

木工職人:木村 修さん / 原田 喜巧男さん

美術家(絵画/陶芸):渡辺 靖隆 さん

【会期】

2018年7月21日(土)~ 7月29日(日)/ 入場料無料

営業時間 :11時〜17時

休廊 :水曜日と木曜日

【展示会場】 岩田商店ギャラリー

三重県いなべ市北勢町阿下喜1051-10

【問】TEL  0594-41-5220(岩田商店)


職人さんご紹介

▶︎ 木工職人 木村 修さん

osamukimura

いなべ市で永年建具職人として、組子細工を主とする衝立(ついたて)や、木工芸品を制作されている、木村修さん。

北勢町阿下喜にある、いなべまちかど博物館「遊木館」の館長さんでもあります。

IMG_2038.jpg

木の色彩や木目、それぞれ木が持つ特徴を、最大限に活かされた作品は大変美しく繊細です。

IMG_1172.JPG


▶︎ 木工職人 原田 喜巧男さん

木村さんに同じく、いなべ市で建具職人として、組子細工を主とする衝立(ついたて)などを制作されている原田喜巧男さん。

harada

木を組み合わせ升目を作り、着色した1cmほどの細かなパーツを差し込んで制作していきます。

*IMGP0032.JPG

真横から見ると、文字や模様が立体的に浮かび上がります。


▶︎ 美術家(絵画/陶芸) 渡辺 靖隆 さん

北勢町「鼓(つづみ)」にある、いなべまちかど博物館「鼓月山荘」の館長 渡辺靖隆さんは、

美術家として40年以上抽象画を描いており、国内外で開催される展覧会に出展しています。

退職を機に自宅内のスペースを自ら改装したという館内は、渡辺先生が制作された絵画や陶器作品が並ぶ、ギャラリーになっています。

*DSC_1088.jpg

また、絵画と並行して、自宅にある窯で、三重県の北東部を流れる員弁川と青川の砂やを混ぜ込んだ陶器や、

北勢町の雑木を燃やして出た灰を、釉(うわぐすり)にして制作した茶碗などを制作しています。

*DSC_1142.JPG

1回で抹茶碗を80個ほど焼き上げることが可能という大きな窯。

*DSC_1109.JPG

渡辺さんは「いなべ らしさがあるオリジナルの陶器を、いかに制作するか」を考え、試行錯誤し、

2017年の12月頃から、約半年かけて200点以上もの陶芸作品を作り上げたそう。

こちらの陶器は、今回の展示会をはじめ、まちかど博物館「鼓月山荘」で購入できます!

*DSC_1133_2.jpg

「北勢町 鼓(つづみ)というエリアを多くの人に知ってもらいたい」と話す渡辺さん。

まちかど博物館「鼓月山荘」の周辺は、市内麓とはまた違った雰囲気の美しい森に囲まれています。

*DSC_1186.JPG

渡辺さんは、大変気さくなお人柄で、楽しく会話がはずみます。

DSC_1180.JPG

ぜひ、一度訪れてみてください。

*DSC_1151.JPG

〈撮影〉

いなべ市役所 企画部 政策課

Related News [アート・クラフト関連]

2018.07.27

いなべ市在住の職人が集います!

ここいなべ市でも、巧みな技術を持つたくさんの職人さんが、様々な分野で活躍しています。 手でつくり上げられたものは、やはり... [続きを見る]

バックナンバー

Inabeな人々 [アート・クラフト関連の人々]

バックナンバー