グリーンクリエイティブいなべ

SNS
Facebook Instagram
プロジェクト
2021.06.07

”inabeな人々”に、貨物鉄道博物館 南野哲志さんの記事をUPしました!

いなべといえば⻩⾊い電⾞。⽥舎町に映えるかわいらしい客⾞は、このまちを代表するシンボルの1つだ。
⼀⽅で、貨物列⾞の存在も忘れてはならない。さまざまな背景はあれど、このまちの経済発展に寄与してきた鉄道である。

三岐鉄道 三岐線 丹⽣川駅に隣接する「貨物鉄道博物館」は、三岐鉄道利⽤者や地域のボランティア活動団体により、地域社会における鉄道事業の活性化を⽬的とし開館された。
開館時の2003 年(平成15 年)は、⽇本における鉄道による貨物輸送が、1873 年(明治6 年)に始まって以来、130 周年⽬だったこともあり、世界で初めての貨物鉄道を専⾨とする博物館として、記念の意も込められている。
博物館の⽴ち上げ時から携わる南野哲志さんは、運営を担うNPO法⼈ 貨物鉄道博物館で、現在、常務理事を務める。
本業である建築の設計や建設模型を製作する傍ら、三岐鉄道に関わるさまざまな歴史を紐解き、鉄道⽂化を後世に伝えていくための使命を背負い⽇々活動する。

”inabeな人々”貨物鉄道博物館 南野哲志さんの記事全文はこちらから。ぜひ、ご覧ください。