GCI

2018.08.06 掲載

フレイトレシピ 山田晋吾さん、舞子さん

投稿者:企画部 政策課

そうか、ギターを弾くように生きればいいのだ。

力を抜いて、心のままに。

ほら、表情が柔らかくなったら、人に優しくなった。

このレフティーのギター・プレイヤーが奏でる温かな音色は、心の奥底まで響いた。

フレイトレシピ1

今年4月、四日市市から北勢町に移住した山田晋吾さん。

ミュージシャンとして活動するほか、フレイトレシピという屋号でドリンクやスコーン、焼き菓子などを出店販売するなど、多くの顔を持つ。

いなべ市へ移住したきっかけは、市の空き家・空き地バンク制度。

やっとたどり着いた物件は、家は取り壊す予定で土地だけが売りに出されていたものだったが、晋吾さんは一目で家ごと活用することを決意したそうだ。

フレイトレシピ2

居間から見る景色は、自然豊かで美しい。

ここで深呼吸をすると、ふっと気持ちが軽くなる。

「この家が私たちの商売に合っていて理想的です」と晋吾さんは語ってくれた。

フレイトレシピ3

したたる果汁。

自然の恵み、そのままだ。部屋が、甘夏の甘酸っぱいフレーバーに包まれた。

ご夫婦は、自宅で製造したジュースや菓子などを市内外のマルシェで出店し、販売する。

家にはジュースの材料となる大量の甘夏を置く場所があり、移住するのに魅力的だったそうだ。

フレイトレシピ4

これが、マルシェで好評の甘夏ソーダ。

混ぜながら飲むと、昔懐かしい味と、都会的に洗練された味を折衷したかのような、いなべオリジナルの味がする。

縁側に並ぶ晋吾さん、舞子さん夫婦に、柔らかな日の光が差し、自然と笑みがこぼれる。

フレイトレシピ5

甘夏ソーダのような、弾けるライフスタイル。

甘夏のような、まあるい、まあるい笑顔。

そう、シュワッとした山田さん夫婦がいなべ市に来てくださって、街がフレッシュになった。

 

晋吾さんがいなべの街に響かせるギターの音色は温かい。

凝り固まった私たちの心をリラックスさせてくれる。

ギターを弾くように、この街で生きていけないだろうか?

しばらくそんなことを考えていたら、急に笑えてきた。

理屈っぽいね。

 

もういいや。山田さん、甘夏ソーダを1つ!


【Credit】

〈取材撮影ご協力〉

フレイトレシピ 山田 晋吾さん、舞子さん

〈撮影〉

いなべ市役所 企画部 広報秘書課 

※一部でご本人提供の画像も使用

〈編集〉

いなべ市役所 企画部 政策課

〈撮影場所〉

北勢町新町

企画部 政策課さんのページへ

『農と食』に関する記事Related News

バックナンバー

Inabeな人々

バックナンバー