グリーンクリエイティブいなべ

2018.03.08 掲載

あじと

投稿者:企画部 政策課

「俺たちのまちは、俺たちが守る」

いなべ市藤原町鼎地区の住民で平成元年に結成された、「平成会」。

その男性メンバーが中心となって4年前に始めた防犯パトロールは、今も毎月欠かさず行なわれている。しかし、守っているのは地域の安全だけではない。

あじと1

時の流れと共に若者は外へ出てゆき、子どもの声が聞こえることも少なくなった。

何とか地域を盛り上げたい、楽しくしていきたいという意志のもと、平成会は発足した。

「下を向いてなんていられない。前を向いていきたい」とメンバーの1人である伊藤憲明さんは話す。

あじと2

平成会は、現在男性20名、女性12名で構成されており、今では敬老会や地元のお祭りなどの地域行事も任されている。

元は農業倉庫として使用していた場所が、平成会の活動拠点となっており、防犯パトロールの後に、そこで懇親会を開くのが恒例だ。

平成会の懇親会は、遊び心に溢れている。

あじと3

この日も皆が食材を持ち寄り、笑顔でバーベキューコンロを囲んでいた。

「次はあれを焼こう」「これうまいな」「焼きすぎだよ」とはしゃぐ姿は、まるで少年たちそのものだ。

「あじと」

誰が名付けた訳でもないが、「山賊のようでカッコイイから」と、いつしかそれが愛称となった。

あじと4

メンバーの1人、高橋満雄さんが持ち込んだ見慣れない道具が目に付く。

鉄工所に勤務している高橋さんが仕事の合間を縫って作った通称「満雄プレス」だ。

食材を挟んだ時の鉄板の隙間はわずか0.6㎜。

精巧なつくりはまさにプロの仕事で、「本気の遊び心」が垣間見える。ここではそれが、たまらなく刺激的なのだ。

あじと5

小麦粉で生地を作り、その中に魚介類、肉類、餅など様々な食材を入れて挟む。

勢いよく水蒸気が出てくると、全員が満雄プレスに顔を寄せ、目を輝かせながら開く瞬間を今か今かと待っている。

あじと6

その一連の工程はあまりにも豪快で、愛称のきっかけとなった山賊さながらといったところだろうか。

あじと7

大人たちが屈託なく、笑い合いながら、自分たちのまちの未来を真剣に考える。

あじとは、平成会にとって大切な情報共有の場所だ。

地域の繋がりが希薄になりつつある現代において、鼎地区の人々の結束は固い。

これからも平成会は鼎の未来を守るために、あじとに集う。

 【Credit】

〈取材撮影ご協力〉

 平成会 男性メンバー

  伊藤 憲朗さん

  伊藤 誠さん

  伊藤 正光さん

  伊藤 晃司さん

  太田 卓美さん

  杉村 春之さん

  高橋 満雄さん

  西脇 一也さん

〈撮影〉

 高橋博正写真事務所/山の上スタジオ

  高橋 博正

〈インタビュア〉

 いなべ市役所 企画部 政策課

企画部 政策課さんの最新記事

2018.04.02
龍雲禅寺
2018.03.22
炭焼き小屋
2018.03.12
清司原神社と鼎塚
2018.03.08
あじと
2018.02.10
秋葉神社

企画部 政策課さんのページへ

Related News [自然とアウトドア関連]

バックナンバー

Inabeな人々 [自然とアウトドア関連の人々]

バックナンバー