グリーンクリエイティブいなべ

2018.03.22 掲載

炭焼き小屋

投稿者:企画部 政策課

地域に残る先人達の知恵と技術。

かつて生活の糧であった「炭焼き」という伝統を、地域に再び根付かせていきたい。

そんな思いを胸に地域の有志が立ち上がり、いなべ市藤原町立田地区に手作りの炭焼き小屋が誕生した。

kato-j_1

(左:三輪 了啓さん、右:加藤 潤一さん)

 

その拠点を担う中心人物の1人が、一昨年の秋にこの立田地区に移り住んだ加藤潤一さんだ。

自然がすぐ側にある環境と、人との交流が深い地域性に惹かれ移住を決意し、地域おこし協力隊として、この地区の魅力を発信するべく活動している。

そして加藤さんと共に炭焼き小屋に関わっているのが、立田地区の歩みを良く知り、「先生」と慕われる三輪了啓さん。

加藤さんが移住してきた当初から、彼の活動を理解し、寄り添い続けている。

kato-j_2

立田公園の一角にある平屋作りの小屋には、ドラム缶と耐火ブロックで作られた窯が据えられている。

窯の近くを通ると、清涼感のある独特の香りが鼻先をくすぐる。

「竹酢液の匂いだね」と、竹割りの説明をしながら加藤さんが教えてくれた。

竹の節をナタで落とし、鋳鉄で出来た竹割り器で上から小突くと、あっという間に形の揃った竹炭の素が出来上がる。

kato-j_3

元々立田地区には炭焼きの跡が何百とあり、ほとんどが木炭を焼いていた。

ここでは地形上穀物が育ちにくく、木炭は年貢代わりに献上され、地域の暮らしを支える大切なものだったそうだ。

竹林の整備を兼ねて伐採した竹が、炭焼きの材料となり、更に加工品へと姿を変える。

そんな理想的な流れと「竹炭はやっている人もあまりいないから」という理由で竹に着目した。

kato-j_4

一口に炭焼きと言っても、実は大変手間のかかる作業である。

窯に竹を詰め込み、密閉した状態で1時間半程度焚きつけをする。水蒸気が出て窯の中の温度が約200度を超えるには、更に約2時間ほどかかるそうだ。

kato-j_5

一定まで温度が上がった頃、焚き口を塞ぎ、空気穴を開けた状態で一晩かけて序々に燃やしていき、翌朝を迎える。

「全体にまんべんなく焼くには、時間をかけてゆっくり、じっくり焼くといいんだけど、そんなに時間もかけられないから」

そうして約1日ほどかけて窯の温度が1000度を超えた後は、更に1日かけて温度を下げながら炭化させていく。

kato-6_j

出来上がった竹炭はゆっくり冷やして出来上がる「黒炭」と言われる部類のもので、火力が強いのが特徴だ。

炭焼き小屋を良く見ると、竹炭以外にも変わった形の炭があることに気が付く。

蓮(ハス)の実や、松ぼっくり、あるものはまるで花そのもので、随分と繊細だ。

kato-j_6

「花炭って言って、鉄の箱の中に入れて焼くと、こうやって綺麗に形がでるんですよ」と、加藤さんは嬉しそうに話す。

家庭にあるお菓子の缶などでも、作ることが出来るらしい。

「案外簡単だから山で木の実なんかを拾って、それを花炭にしてもいいな」と、ワークショップの構想が広がっているようだ。

kato-j_7

昨年秋から始まった炭焼きだが、今はまだ試行錯誤しているから、という理由で火入れをする日は公けにしていない。

だがやがて来る春には炭焼き小屋をオープンさせていきたいと意気込む。

 「いろんな人の助けで小屋を建てたり、教えてもらったりしてようやくここまで辿り着けた。決して自分が特別という訳ではないし、ここで何故炭焼きをしているかを忘れずにいたい」と、初心と感謝の心を忘れない。

 一度は消えかけた「炭焼き」という灯。この小屋が再びその灯で明るく照らされる日は、そう遠くない。

【Credit】

〈取材撮影ご協力〉

地域おこし協力隊 加藤 潤一さん

三輪 了啓さん

〈撮影〉

高橋博正写真事務所/山の上スタジオ

 高橋 博正

※花炭の写真は市役所提供

〈インタビュア〉

いなべ市役所 企画部 政策課

 

 

企画部 政策課さんの最新記事

2018.04.02
龍雲禅寺
2018.03.22
炭焼き小屋
2018.03.12
清司原神社と鼎塚
2018.03.08
あじと
2018.02.10
秋葉神社

企画部 政策課さんのページへ

Related News [自然とアウトドア関連]

バックナンバー

Inabeな人々 [自然とアウトドア関連の人々]

バックナンバー