グリーンクリエイティブいなべ

SNS
Facebook Instagram
プロジェクト
2021.02.17

“Inabeな人々”に、まちをつくる「点」(はなもも会・いなこね・岩田商店ギャラリー)の記事をUPしました!

人の営みが1000年以上前からあったという。

瓦屋根の家々に、昭和から代々続く商店や材木店。

濃州街道沿いに栄えた北勢町阿下喜は、河川や鉄道など交通の便がよく、古くから人の行き来が盛んだった。

その歴史は思ったよりも長い。奈良時代の遺跡が、生活の音を感じる土器とともに発掘されている。

驚くような長い時間存在している。しかし、時の重厚さよりも、なつかしさの奥になぜか新鮮な印象を受ける。

このまちで活動する人を、「Inabeな人々」では度々取り上げた。ここで2021年も新たな動きが始まっている。今回は過去に取材をした人・団体を含め、過去からいま、そして未来へとつながる3つの取り組みを紹介したい。

・あげきのおひなさんの実施団体「はなもも会」

・いなべ子育てネットワーク(いなこね)

・空き家活用で事業展開をすすめている「岩田商店ギャラリー」

まちをつくる4.jpg

まちをつくる5.jpg

まちをつくる9.jpg

“inabeな人々” まちをつくる「点」(はなもも会・いなこね・岩田商店ギャラリー)の記事全文はこちらから。ぜひ!ご覧ください。

【Credit】

〈取材撮影ご協力〉

はなもも会、いなべ子育てネットワーク、岩田商店ギャラリー

〈撮影・取材〉

いなべ市役所 企画部 政策課

〈取材日〉

令和3年2月